TOP > 入会案内
入会案内
単なる寄付団体ではありません。
私たちの奉仕活動によって社会に投げられたひとつの意志が次第に波紋を広げ、地域社会の人々に善意の心の美しさと共感を呼び起こし、その地域社会全体が愛の奉仕と友愛に生きる様、誘い水となるのがライオンズの目的です。
ライオンズクラブは単なる寄付団体や慈善団体ではない。
  この点は世間で誤解されている重要な問題です。
新聞記事の中に、また街や郊外に、ライオンズクラブが寄付した街路樹や小公園などの施設や設備をご覧になったことと思います。
また、ライオンズクラブでは公共施設や道路等の清掃奉仕や交通指導など、会員自らの手で行っています。
この様にライオンズクラブの奉仕活動は、地域や住民の為になるような、ほんのちょっとしたことにも真心と情熱を注いで活動をしています。
しかし、ライオンズクラブの奉仕活動は、お金と暇を持った人がもたない人に寄付をしたり慈善を施したりという、言わばお金持ちの道楽では決してありません。そのような尊大な気持ちはライオンズクラブにはありません。
私たちの奉仕は、奉仕そのものが目的でありますが、更に奉仕を通じて社会に善意の心の美しさを呼び起こすことに目的があるのです。
たとえば樹木一本、苗一本であっても、その奉仕を通して内にはライオンズクラブ会員の精神が高められ、外に対してはその奉仕がきっかけになって、やがて大きな地域社会への奉仕の輪が広げられていくことを願う活動こそ、ライオンズクラブの奉仕活動なのです。
奉仕に必要な資金
  ライオンズクラブの会員は、一定の会費を納めていますが、これはクラブそのものの運営費に当てられますから、奉仕活動の資金はその都度それにふさわしい方法でつくられます。
ある奉仕にどのような事業資金獲得がよいかは、会員の英知を集めて決められます。
 ある時はバザーや、チャリティショーなどをしたり、またある時は会員の慶び事の記念として善意の拠出などがあります。
慈善資金獲得そのものが即奉仕活動ですから、事業資金作りの段階からライオンズクラブの精神が生かされている訳です。
クラブ運営などは規制が必要
  たとえば、定期的に月2回例会という総合会議を持っていますが、例会出席は会員の絶対的義務となっています。
奉仕活動への参加はまず例会出席から始まります。これが出発点であるだけに、例会の運営は開始と終了が厳守され、無断欠席は厳禁されています。
また各種の役員は任期を一年とし、特別の事情がない限りは、再任がありませんから、特定の会員にだけ名誉や地位や権力が生まれることはありません。
一般に関心のある社会問題や、政治や宗教の問題をライオンズクラブが研究・討論の対象にすることもありますが、特定の立場で会を運営したり、会員が特定の政党・宗派などの主張を持ち込み宣伝すること、討議は一切禁じられています。
ほかにもいろいろな規律がありますが、厳格であることをむしろ誇りと思っているのです。
ライオンズクラブに入会して活動している意義
ライオンズクラブに入会すると、会費を払い、労力の奉仕・例会出席など強制されるものを感じます。しかし人間の一生は地位やお金が全てではありません。私たちの住む社会をみんなで住み良くする奉仕事業には、1人よりも10人、10人よりも100人がより大きな成果をあげられます。
ともすれば私利私欲と利己主義に走りがちな風潮がありますが、社会に生活させて貰うご恩を返し、報酬を期待せず、会員一人一人が手をつないで奉仕をする、これがライオンズ奉仕の喜びであります。ライオンズクラブの奉仕は善意の心を合わせて、常に国際的な視野に立って世の中のために奉仕をすすめる、そこにライオンズクラブ会員としての誇りと喜びがあります。
ライオンズクラブ活動に興味のある方は下記へお問い合せください。
熊本城東ライオンズクラブ事務局
電話   : 096-331-4010
FAX  : 096-331-0003
メール  : info@kumamotojoto-lc.com
*メールフォームからもお問い合せいただけます



会員推薦書PDF 会員推薦書WORD
お知らせ 次回のインターネット例会は
11月28日(水)です。
ネット例会ログイン
国際ライオンズクラブ
337-E地区
熊本黄壁城ライオンズクラブ